このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


TOP>はじめに

このサイトでは、塩と体の関係について説明しています。

皆さんは塩、というと何を思い浮かべますか? しかし、最近では高血圧の原因や動脈硬化を促進する一因など、不名誉なレッテルを貼られてしまっています。

私たちの体には、大人で体重の約0.3%、子供で約0.2%の塩分が常に含まれています。たとえば体重が50㎏の大人には150g、
体重が30㎏の子供には60gの塩分が含まれています。 もちろん、塩が私たちの体で非常に重要な役割を果たしていることは言うまでもないでしょう。

確かに、塩は取りすぎると体に良くありません。

でもそれ以上に塩には素晴らしい効果がたくさんあります。
私たちは、そんな塩のすばらしさを知ってもらい、またそれを生活に役立ててもらうためにこのWebサイトを作成しました。


このページのトップへTOPへサイトマップ